いせやのブログ

たまには裏側を

 

こんにちは。八千代ふれあいパークです。

ようやく八千代市も、寒い日が無くなり春の陽気になってきました。

 

冬の間は比較的お客様が少ないのですが、八千代ふれあいパークでは

そんな時期を利用して、霊園のメンテナンス作業を行いました。

 

今日は普段目にすることが少ない、霊園の裏側を報告しますね。

 

 

 

まずは園内の樹木剪定です。

剪定とは伸びすぎた枝を切って、形を整える作業になります。

 

今回剪定したのはメタセコイアです。

メタセコイアは落葉樹なので

葉が落ちた冬に剪定すると、枝が痛みにくくお勧めです。

なにより葉がない時の方が木の形がよくわかるので、作業効率も上がります。

 

 

 

続いては事務所の床清掃です。

日々綺麗に清掃していても、傷や汚れは必ずついてしまうもの。

だいぶ小傷が目立つようになってきました。

そんな床もワックスがけをすると……

 

 

 

なんと(・θ・)!?

傷は消えて、同じ床とは思えないくらいの艶がよみがえりました。

心の中で十回はワックスを称えました。

(ワックス偉い!ワックス凄い!)

 

 

 

 

 

事務所も綺麗になってすっきりした所で

最後は噴水の貯水槽のメンテナンスになります。

普段は目にすることのない貯水槽を洗浄し、ポンプのオイル交換を行います。

 

分かり辛いですが、かなり大きくて深いです。

水槽をこえて完全にプールですねこれ  (・ω・  ⊃ )⊃Ξ すいー

 

 

 

そしてここが一番の重要作業! 水中ポンプを引き上げオイルを交換します。

 

交換の際は色も重要なチェック項目です。

今回のように透明度が高ければOK!

もし白く濁っていたら、ポンプの交換時期も近いです。

 

なぜならオイルが白く濁っていたら、ポンプのシール材が劣化して

オイルに水が混ざっている証拠なのです(乳化と言います)

 

 

因みにパスタを作る時にゆで汁を入れるのも、同じ乳化。

こちらは意図的に乳化状態を作ることで、美味しく変化してるんですね。

 

 

 

さて、園内植物の綺麗な時期が始まりました。

みなさまマスク着用の上、お気をつけて見学にいらしてください☆

 

たまには裏側を
トップへ