いせやのブログ

久しぶりの雪景色

先月22日は、4年ぶりのまとまった積雪となりましたね。

八千代ふれあいパークでも久しぶりの雪景色となりました。

 

こんな寒い時期ですが園内ではとても大切な作業が進行中です。

強剪定をした、バラの苗の側に施す「寒肥作業」です。

 

植栽スタッフが厳寒の中、重機を抱え狭い墓所の間に入り

寒肥を施す大きな穴をドリルで開け、牛糞と肥料を混ぜた土を

その窪みにまた入れ直し、覆い被せていきます。

 

素晴らしいバラを堪能できる陰には

こんな苦労があるのだと毎年感じる作業風景です。

 

暦の上ではもう直ぐ春、「立春」を迎えようとしています。

園内で一番に春の気配を感じさせてくれる樹木は「沈丁花」

 

「三大香木」の一つで、咲き始めると辺り一面によい香りを

漂わせ春の訪れを告げてくれます。開花期は2月から3月なので、

今はまだ蕾ですが、ほのかに香ってくる頃が今から楽しみです。

 

立春を迎えるとはいえ、まだまだ厳しい寒さは続きます。

お風邪など召されません様、皆さまどうぞご自愛くださいませ。

 

最後に剪定作業が間もなく始まるコナラの木の写真を・・・

晴天の日は特に素晴らしい枝ぶりを見せてくれました。

ありがとう・・・!  コナラの木さん(^^)

トップへ