いせやのブログ

春の訪れ・・・

こんにちは!八千代ふれあいパークです。

早いもので桜が楽しみな時期となりましたね!

 

今年の冬は雨が少ない天気が続きましたが、

春が近づくにつれ雨の日が増えて、

一気に植物の成長の勢いが増してきました。

 

花好きにとって一番楽しみな季節は、

厳しい冬を乗り越え、草木や花や樹木の新芽が

力強く芽吹いてくる丁度今頃ではないでしょうか?

園内を巡るとあちこちで小さな春を発見!

ふきのとう、水仙、クロッカス等々・・・。

 

春を訪れを告げる樹木といえば、沈丁花が有名ですが、

黄色の小さな花が、まるで砂糖菓子の様に可愛らしい

私の大好きなミモザ(アカシア)の大木も当園にあります。

雨が続いたある三連休明け、出勤時いきなり真っ黄色の樹が

目に飛び込んできてビックリ・・・! 嬉しい驚きでした。

 

今が最盛期のクリスマスローズは、園内の所々に植栽され、

その特徴はなんといっても、下向き加減に花が開花する事。

思わず「恥ずかしがらずお顔を見せて?」と

毎年そっとそのお顔を覗いてしまう私です(^^)

 

こんなに切って大丈夫?、と毎年心配する程の

強剪定を行ったバラ達も順調に芽吹いてきています。

 

桜の樹を見上げると、たくさんの蕾が・・・!!

 

カイドウも濃いピンクの蕾を膨らませています。

 

必ず芽吹いてくる植物の生命力の強さが頼もしいですね!

桜の満開の頃も目前です。どうぞお参りがてら

春のお花見を楽しみにご来園下さいませ(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ