いせやのブログ

春を告げる花

皆様、こんにちは。八千代ふれあいパークです。

 

お彼岸中は、気温が真冬並みに下がる日もあり、東京では雪も降るなど、人間も

動植物もびっくりな日が続きました。皆さま体調など崩されていないでしょうか? 

春は「三寒四温」で気温差ある日がまだ続く為、どうぞお気をつけ下さいませ。

 

 

春に咲く花は色々あり、当園でも春の芽吹きや開花があちこちに見られます。今回は、

当園で一番の存在感を誇る春を告げる花、「ミモザ」を改めてご紹介したいと思います。

 

ミモザは、3月から4月頃まで開花する樹木で、正式には「銀葉アカシア」といいます。

その名が示す通り葉は少し銀色(シルバーリーフ)で、可愛らしいふわふわした黄色の花と

特徴ある葉色の組み合わせは、ドライフラワーにすると素敵なアレンジとなる春の花です。

 

管理棟横階段近くに植栽されており、満開になると黄色の花が青空にひと際目を引きます。お彼岸中にはミモザ樹木の前で足を止め、記念撮影されているご家族も見られました。

西洋では黄色は春を象徴する色とされており、黄色い花は厳しい冬が終わり、暖かな春が

来たことを告げる、「幸せの花」と言われているそうです。

 

先日雨予報の前日に、可愛いいモフモフの花が雨に打たれて小さくなってしまう前に!

と、急いで開花した枝を数本剪定してきて、ミモザのリースを作ってみました。

 

明るいミモザの黄色は、確かに春を迎える喜びに溢れていますよね!(^^)

 

 

所で突然ですが、皆さま、3月8日は「国際女性デー」である事をご存知ですか?

1977年に国連が定めた、女性の社会参画を願う日、としての記念日だそうです。

 

イタリアでは、ミモザの花が咲き始めるこの頃、同日を「ミモザの日」の記念日として、

日頃の感謝や尊敬の気持ちを込めて、男性が女性にミモザをプレゼントする習慣がある

そうです。奥様や彼女に限らず母親やおばあさんや友人、職場で関わる人など普段お世話

になっている女性にも贈るのだとか。なんだかとっても素敵な習慣ですよね!(^^)

 

日本ではまだあまり知られてないミモザの日ですが、イタリアだけでなく西洋から

世界各地へ広がりを見せていることから、これから日本でも、花屋さんやメディアなどで

母の日の様に、「ミモザの日」として、紹介されていくかもしれませんね。

 

 

さて、以前ブログでもご報告しましたが、当園には沢山の野鳥が訪れてきています。

 

大抵は、実や虫を食べに飛来してきますが、真夏には園内の噴水で水浴びをする鳥達を

良く見かけます。すると先日3月というのに、水浴びをする鳥達に遭遇しました・・・!!

 

噴水水路に入り羽をバタバタしていたカラス。参道に水が大きく跳ねていますね(^^;)

 

思いっきり頭を入れて!水を飲んだり水浴びしている、園内で良く見かけるキジバトさん。

 

それは、気温が日中一気に20度以上に上昇した日の出来事。実や虫をついばみ水を飲んだり水浴びもできるふれあいパークは、鳥達にとってもいこごちの良い空間の様です(^^)

 

お彼岸を過ぎれば本格的な春の到来。各地での桜の開花ももう直ぐです。

当園でも桜の樹があり、満開の頃が今からとても楽しみです・・・!

 

お花見を兼ねての皆さまのご来園を、心よりお待ちしております。

 

 

春を告げる花
トップへ