いせやのブログ

🍂札幌もなみ ふれあいパーク秋彼岸会合同法要🍂

皆様こんにちは!札幌もなみふれあいパークの山田です。

”暑さ寒さも彼岸まで” 

この言葉通り、彼岸の入りの札幌は急に冷たい風が吹き始めました。

 

本日、札幌もなみ ふれあいパークにて                                                   

経営主体の曹洞宗瑞現寺 齋藤御住職お勤めのもと

”秋彼岸会合同法要”を執り行いました。

 

徹底した感染対策(マスク着用、手指の消毒、会場内の換気、十分な間隔の確保)を

行い盂蘭盆会に続き、ご参列の皆様のご協力により無事に執り行うことが出来ました。

ご参列の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

~お彼岸とは~

一般的にはご先祖様のご供養する期間とされていますが

仏道修行をする7日間ともされています。

お彼岸の7日間に六波羅蜜(6つの修行)を1日1つずつ修め

お中日には、ご先祖様への感謝の意を捧げましょう。

 

~六波羅蜜とは~
・布施波羅蜜(ふせはらみつ):見返りを求めずに、他人のために善行を行うこと。
・持戒波羅蜜(じかいはらみつ):戒律を守ること。また、慎んだ行動をし

 他人に迷惑かけないこと。
・忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ):どんな辱めや災を受けても、受け止めて耐えること。
・精進波羅蜜(しょうじんはらみつ):一生懸命、努力をして誠心誠意を尽くすこと。
・禅定波羅蜜(ぜんじょうはらみつ):常に冷静を保ちながら動揺しないこと。
・智慧波羅蜜(ちえはらみつ):怒りや愚痴などに支配されずに

 物事の道理を正しく理解すること。

 

お彼岸は、ご先祖様の供養を行う期間であるとともに、六波羅蜜(仏道修行)を行う

期間でもあります。

是非皆様も仏道修行を行ってみてはいかがでしょうか。

🍂札幌もなみ ふれあいパーク秋彼岸会合同法要🍂
トップへ