ガーデニング霊園の いせや

ご葬儀でお急ぎの方はこちらへ
24時間 365日受付

0120-311-27224時間
365日受付

お墓・霊園・納骨堂のお問い合わせ
受付時間 9:00~18:00

0120-711-751

メニュー

墓地をつくるのではない、公園をつくるという考え方。

いせやは、物語をつくります、育てます。

撮影地

小平ふれあいパーク
秋津ふれあいパーク
花小金井ふれあいパーク
佐倉ふれあいパーク

いせやは物語をつくります育てます

眠る人送る人祈る人
それぞれが想いを寄せられ
絆の大切さを分ちあえる
時と場所をお届けするために
霊園やお葬式のプランひとつひとつに
徹底したこだわりと
おもてなしの心をもって そこに生まれた物語を
ぜひあなたにも

ON

OFF

停止

再生

動画をスキップ

いせやの物語第一話

墓地をつくるのではない。公園をつくるという考え方。

ヨーロッパ視察で目にしたのは、
墓地というよりグリーンガーデン。
よし、日本にもガーデニング霊園をつくろう。
そこから、いせやの物語がはじまります。

> 物語を読む

いせやの物語第二話

毎日でも訪れたくなる、公園のような霊園にしたい。

「佐倉ふれあいパーク」からスタートした、
いせやのガーデニング霊園づくり。
それをさらに広げていこうとするにあたって、
欠かせないものは何かを改めて考えた。
いせやがこだわる、霊園の条件とは。
それを満たすために手がけたこととは。

> 物語を読む

いせやの物語第三話

武蔵野の雑木林をまもりたい。

多摩湖から武蔵野市境浄水場までつづく
多摩湖自転車道。
武蔵野の原風景を思わせるこの緑道沿いに、
ガーデニング霊園を。
そのために、いせやが大切にしたことは?

> 物語を読む

いせやの物語第四話

故人の生きてこられた証を、何より大切に。

いせやが、お葬式のお手伝いをさせていただくようになったきっかけ。
それは、自分たちが身内のお葬式を
営んだ際に感じた、
ある想いからだった。

> 物語を読む

いせやの物語第五話

お茶をおいしくいれる。おもてなしは、そこから。

ふれあいパークには、ご命日はもちろんのこと、
毎日のようにお参りに来られる方がいる。
そんな方々をはじめ、訪れる人すべてに、
やすらぎのときを。
いせやならではのおもてなしの心をもって。

> 物語を読む

いせやの物語第六話

その場所に、 故人が確かに眠っている樹木葬を。

花や緑の下で眠りたい。
後継者がいなくて不安だし。
樹木葬を選択される方が、増えてきた。
そこに、いせやは、どんな提案を?

> 物語を読む

いせやの物語第七話

雪の日でもお参りできる、屋内型ガーデニング納骨堂をつくる。

日本で初めてといえる、
屋内型ガーデニング納骨堂づくり。
それは、北海道に住む友人のひとことが
きっかけだった。

> 物語を読む

トップへ