毎日でも訪れたくなる、公園のような霊園にしたい。 | ガーデニング霊園のいせや

ご葬儀でお急ぎの方はこちらへ
24時間 365日受付

0120-311-27224時間
365日受付

お墓・霊園・納骨堂のお問い合わせ
受付時間 9:00~18:00

0120-711-751

メニュー

いせやの物語

  • いせやの物語
  • 第二話

毎日でも訪れたくなる、公園のような霊園にしたい。

いせやの物語 第二話 毎日でも訪れたくなる、公園のような霊園にしたい。
  • 緑と、花と、噴水

    緑と、花と、噴水

    いせやが考えた、霊園の条件。
    それは、緑豊かで、季節ごとに花が楽しめ、憩いの噴水があること。
    しかも、園それぞれに統一感のあるデザインがなされていること。
    人を温かく迎えいれる、空気にあふれていることも、いうまでもなく。

  • バラの咲かせ方にも園の個性を

    バラの咲かせ方にも園の個性を

    ふれあいパークの象徴であるバラひとつとっても、園ごとに特徴をもたせた。
    たとえば、佐倉ふれあいパークでは、2,000株、30〜50種を。
    府中ではフェンスやつる棚へのしゃれたあしらいを。
    アーチを彩るつるばらも、花小金井は「新雪」と「ツルウララ」「羽衣」、
    小平では「アンジェラ」「サマーホワイト」というように品種を変え、個性を出している。

  • アルハンブラの調べ

    アルハンブラの調べ

    噴水を設ける際にお手本にしたのが、スペイン・アルハンブラ宮殿。
    庭園デザインとしてはもちろんのこと、水音がなんとも心地いいものだったのだ。
    心音に近いから落ち着く、という話も。
    府中や小平、花小金井などで、ベンチに腰掛け、その雰囲気を味わっていただけたらうれしい。
    噴水まわりに敷いたイタリア産の大理石、オブジェ、植栽の鉢など、細部へのこだわりとともに。

  • テラスでお茶を

    テラスでお茶を

    一般的に、墓地などの休憩スペースは、あまりに簡素にすぎないか。
    足を運んで、故人に想いを馳せる場所にしては。
    だから、ふれあいパークはオープンテラス、またはティールームとして席を設ける。
    おいしいお茶と、いせやならではのおもてなしをもってお迎えする。
    テラス席で、くつろいでいかれる様子を目にする時、
    胸のうちに言葉がついて出る。「どうぞ、ごゆっくり」と。

トップへ